{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

【予約】鈴木心珈琲現像所焙煎豆 150g[約10杯分]

¥2,500 税込

送料についてはこちら

#きまぐれな当現像所は焙煎したいときに、焙煎するので、その翌日に郵送される豆の予約です!先着順! 鈴木心焙煎所の焙煎士インタビュー|お店は閉店しております! https://retty.news/35895/ 「コーヒーを読む、写真を香る」 コーヒーの焙煎はフイルム写真の現像にとても似ている。温度と時間によって生豆に露光された潜像が浮き上がってくる。匂い、色、音の様子を探りながら、時にコントラストが高く、薄く、像が現れる。 「キッチンを、ギャラリーに」 抽出は暗室のプリントワークとも言える。現像されたフィルムを印画紙に焼き付けていく。これも時間と光量、そしてまた液体に落とし印画紙を現像する。コーヒー豆の弾く細かさは、暗室のフィルターに。濾過するフィルターは引き伸ばし機のレンズの絞り、そして時間。 自分の得たい画像のために、何度も何度も数値を変えて繰り返す。あのときのデータをとり少しずつ目的に向かっていく様はデジタルではありえない。メーカーが仕込んだプロファイル、ソフトウェアプリセットのデーターをスライダーで調整していくだけ。見えない、を見える様にしていく、そんな手探りは存在しない。 結果同じ画像を作ることはできるだろう。でもその過程に生まれる物語、それがその写真の旨味になることは、写真にも珈琲にも共通しているはずだ。鈴木心珈琲現像所はそんな、コーヒー豆に物語を現像する世界唯一のラボラトリーである。 *毎ロット焙煎豆がかわったり *パッケージには旬な写真が入ってたり *店主の気まぐれで豆も写真もころころ変わる *気まぐれ現像所です *月一回の完全受注生産突如締め切り、月頭にご自宅に到着します *国とか農園とかとりあえず置いておいて *見て、香って、飲んで、楽しむ写真とコーヒーの旅