{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/16

【サイン入】鈴木心の撮影ノート

2,420円

送料についてはこちら

キソはクソ(基礎は糞)。だなんて、言ったやつがいる。そいつは、ミュージシャンになりたかった奴だった。小学校に入る前からエレクトーンに通わされ、小中時代はピアノ、それだけじゃない、ラグビー、書道、空手、ボーイスカウト、そろばん、英語、いろんな習い事に通わされた。 まるで拷問のような毎日だった だって彼は、テレビゲームがやりたかった。マリオがなぜ放物線のジャンプをするのか、3Dのゲームのカメラアングルは誰が決めているのか、なぜアンテナ先でつないだテレビから、音楽が流れてくるのか、いつもいつも不思議におもい、勇者が大魔王を倒す感動の物語よりも、それを思いついた人間のことを想像することの方が何倍もたのしかった。 想像すること、それが人間らしさだと言っても過言ではないだろう。そうやって僕たちは石を、火をつかい、文明を築き、宇宙に向かっていく。想像する向こうがわにいくために、そのアイディアを実現するために、その道のりを築いていく見出してく、想像と創造の繰り返しなのだ。 そいつは、ひょんなことから、写真学生になった。音楽では苦労した、練習も学習も、苦ではなかった、一人でできる作業だったからだろうか、それとも、旅をしながらできることだったからだろうか、その理由は知る由もない。しかし、かれは、ミュージシャンには不向きだったが、写真ではそこそこの評価を得た。 なぜだ?シンプルに時間を費やしたからだ。自分が見た写真の仕組みを知ること、そして再現してみること、そこに人生の大半を費やした。結果、彼は様々な写真かの技術や感性、そして人生をしることになる。 A+B=C、自分の好きなものを組み合わせていくと、突如として、自分らしいものが生まれてくる。模倣することの連続が結果個性につながるのだ。そりゃそうさ、ケーキとステーキを合体させれば、そのどちらでもない何かになる。おそらく、地球上唯一の。 だから模倣をくりかえす、その結果自分らしさが生まれること知ったのだ。それが生き様。写真家の生き様になる。 写真の仕事には課題がある。その課題を攻略することに報酬が支払われる。大半の依頼は「商品が売れること」、そのために、僕たちはユーザーに何をつたえることができるだろう、どうやって心を動かすことができるだろう。写真で。 そんな思いから、彼は、撮影で技術を身につけていた。仕方なく。そうでなければ、この課題を解決することができなかったのだから。つまりそれはコマーシャルフォトグラファーとしての死を意味する。まぁまぁ、年商はあったのだから、ここで死ぬわけにはいかない。まだ、僕は貯金をしたことがないじゃないか。 閑話休題、目的を達成するために、アイディアや技術はある。そして機材も。そんな様々な無理難題と、その解決手段をここに記す。その再現がしやすいように、その現場でのもっともホットな情報もすべて記載してある。だから、これを再現するのは容易なはずだ。 しかし、この過程であなたが気づくことがあるだろう。それが本書の真意であり存在意義である。奴は言った、基礎は糞だ、と。果たしてその意味は?あなたはこの本を読み、カメラをもち、写真を撮ってみたときに、その言葉の向こう側を見ることができるだろう。あらたな撮影の地平を。 鈴木心 ーーー 鈴木心の撮影ノートは、12年に渡る鈴木心の仕事撮影の中から撮影におけるライティングの記録ノート、現場写真、意図、完成写真を厳選しまとめたものです。自然光からクリップオン「同じセッティングは二度としない。」と心がけてきた、あらゆる手法を網羅しています。 巻頭にはももいろクローバーZとの8年史、巻末には女優二階堂ふみさんとの写真における被写体と撮影者のコミュニケーションについての対談。そして最後には歴代アシスタントが語る、鈴木心について。このコーナーはいつも自分が知らない自身を教えてくれます。 鈴木心が一番読みたかった本を自ら作りました。写真を撮る人も撮らない人も、写真の向こう側が見えてくる本です。 ここだけで語る「鈴木心の撮影ノート」の秘密 https://note.mu/suzukish1n/n/n5e1ef7052ee6 も合わせてご覧ください! *海外発送をご希望の方は〈[email protected]〉までご連絡ください。送料とご購入方法をお知らせいたします。

セール中のアイテム